保険

住まいの保険の補償範囲。隣の火事は賠償責任がない

更新日:

家

住まいの保険とは火災保険と同意で、時代やニーズに合わせて変化しています。

日本初の火災保険の仕組みは「火災による損害」だけに限定したものでしたが現在は火災による財産損失だけでなく、間接的な経済的損失(落雷・風災・雪災・雹災などの自然災害)も対象範囲となっています。

住まいの保険の補償範囲について具体的に説明します。

火災

不注意による起こした火災やもらい火により生じた損害を補償します。
・火災により家が全焼してしまった!
・隣家が火災になり、自宅にも延焼してしまった!
・タバコの火の不始末で火事になってしまった!
※ただし、寝タバコが原因だった場合は“重大な過失”とされるため、補償の対象外。

落雷


落雷によって生じた損害を補償します。
・落雷の影響でテレビやパソコン、冷蔵庫など電化製品が壊れた!
・落雷が原因で自宅が燃えてしまった!

破裂・爆発


ガス漏れによる爆発やスプレー缶の破裂などによる損害を補償します。
・ガス漏れに気づかずコンロに点火してしまい火事になった!

風災


台風、暴風、竜巻などによって生じた損害を補償します。
・台風による強風のため屋根瓦や窓ガラスが壊れてしまった!
・竜巻の強風でモノが飛んできて外壁が壊れた!

雪災


豪雪や雪崩によって生じた損害を補償します。
・豪雪による影響で自宅の屋根が潰れてしまった!
・雪崩に巻き込まれ建物が崩壊した!
※ただし、雪解け水による損害は雪災では補償されず、水災扱いとなります

雹災(ひょうさい)


雹(直径5mm以上の氷の粒)によって生じた損害を補償します。
・雹によって窓ガラスが割れた!

水ぬれ、外部からの物体落下等、騒擾


・水道管の破損によって、天井や壁紙が汚れてしまった!
・車両の当て逃げにより建物の外壁が損壊してしまった!

盗難


・空き巣が侵入し、ドアの鍵を壊されてしまった!
・泥棒が家に侵入した際にガラスを割る等、建物に損害が発生してしまった!

水災


洪水、雪解け水等によって生じた損害を補償します。
・台風による洪水で床上浸水し、壁や床、付属設備が汚れてしまった!
・豪雨により土砂崩れが発生し、家が全壊してしまった!
※床上浸水または地盤面より45㎝を超える浸水などによる損害が発生した場合が対象

破損・汚損等


突発的に外部からのトラブル、不慮の破損・汚損によって生じた損害を補償します。
・ソファーを移動していて、窓ガラスを割ってしまった!

隣の火事は賠償責任がない

失火責任法(民法709条)では故意または過失によって火災をおこし、他人の身体または財産に損害を与えると、不法行為者として損害賠償責任を負うことになりますが「重大な過失」がなければ適用しません。

端的に言うと、重大な過失でなければ、隣近所の家に損害を与えても賠償責任はありません。

はてな

重大な過失とは

「通常、人にあれこれ言われるまでの注意をしなくても、わずかな注意をしていれば簡単にこうした結果になることが
わかるのに、漠然とこれを見過ごしたような注意を欠いた状態」です。

例えば
・天ぷら油を入れた鍋をガスコンロで加熱したまま、長時間その場を離れた間に引火
・電気ストーブをつけて布団で横になったところ眠ってしまい、布団に火が燃え移った
・寝タバコで引火、火災が発生

類焼損害・見舞費用特約

重大な過失はなかったけど、隣のお宅を全焼させてしまった。

失火責任法があるからと言ってあなたは、お隣の方に謝罪の言葉だけで済ましますか?
お隣の方が火災保険に加入していなくて被害に遭われたらどうしますか?

こんな時のために類焼損害・見舞費用特約があります。

近隣の建物や収容動産に発生した損害を、最大1億円まで補償したり、見舞金等の費用を補償できるものです。

構造級別

構造級別とは、建物の柱や工法、法令上の耐火性能で判定し、保険料の算出に使います。

コンクリート造、鉄骨造、木造等の柱を基準にした「種類」と、壁や屋根等に使われている材料や外壁の開口部の構造等から建築基準法等の法令上 耐火、準耐火、省令準耐火、その他に区分する「性能」の2つにより判定します。

M構造(マンション構造)
T構造(耐火構造)
H構造(その他の構造)

燃えにくい建物ほど保険料が安くなります。(上記は燃えにく順で記載)

耐火構造って

準耐火構造は、火熱を加える一定時間を耐えればその後は燃えてしまってもいいのに対して、耐火構造では、火熱を止めたのちもその状態を維持していなければいけないとの違いがあります。

また省令準耐火とは、準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造で、①外部からの延焼防止②各室防火③他室への延焼遅延の特徴があるものをいいます。上記で説明した構造のものでは、通常の木造建物に比べて火災保険料も約50%となります。

新築を考える際はこの構造に注目して頂きたいものです。

日本の「木造住宅」は全体の60%、昭和53年では80%でしたので、「木造住宅」は徐々に低下しています。
また都道府県別にみると、都市部では「非木造」の割合が高いです。これはマンションなどの共同住宅が多いことがその理由となります。

保険の起源

火災保険の始まりは1666年、ロンドン市内の家屋の85%を焼失したロンドン大火と言われています。これをきっかけに、ロンドンでは木造建築の禁止などから建築規制も行われたそうです。そして15年後の1681年に世界初の火災保険が誕生し、急激に普及していきました。

また、その仕組みは「火災による損害」に加えて、家屋が全壊、破損、損傷した場合も支払いの対象であった。ただし、損害への支払方法は、金銭ではなく、建築業者による再建・復旧であった。これはこの仕組みを考案した、ニコラス・バーボンが医師兼建築業者であったからと言われている。

火災保険が成立すると“ファイアーマーク”が保険会社から交付され、家の目立つところに貼り付けていた。その当時は公設の消防機能がなかったので、火災保険会社が各自で自前の消防隊を保有し、火災が発生したら自前の消防隊が現地に急行していた。そのため、自社のファイアーマークのある現場なら必死に消化活動に当たるが、他社の場合はそのまま帰ってしまっていたようです。

世界初の保険会社設立から約200年後の1887年、ロンドンの火災保険にならって日本初の火災保険会社が誕生しました。

日本初の火災保険の仕組みは「火災による損害」だけに限定したものであった。火災による財産損失だけでなく、間接的な経済的損失をカバー、落雷・風災・雪災・雹災などの自然災害の際にもカバーできるように対象範囲を拡げてきました。

保険とは国民の経済生活を安定させるものであり、時代やニーズに合わせて変化してきた経済制度なのです。

-保険

Copyright© 浜松市|保険の整理はお任せください , 2019 All Rights Reserved.