資産運用

将来に備えてiDeCo(個人型確定拠出年金)かトンチン年金を選択しよう

更新日:

ideco

今、資産形成で注目されているのが、つみたてNISAとiDeCo(個人型確定拠出年金)です。
つみたてNISAについては他で紹介していますので、今回のテーマはiDeCo(個人型確定拠出年金)。

Idecoは原則20~60歳までが対象で、個人で積立した掛金を自分で運用し将来の老後のために資産を育てることができる私的年金制度です。
税制メリットが大きく、掛金が所得控除され、運用益を非課税、受け取る際も税制優遇があります。
その反面、老後の資産作りが目的となるため、原則60歳まで引き出しができない点があります。
ただ、2017年1月より自営業、会社員に加え、公務員及び専業主婦を加入できるようになりました。

掛金は毎月5,000円から1,000円単位で選べ、年1回変更が可能。

【掛金限度額】
自営業者 : 月額68,000円
会社員  : 月額12,000~23,000円 ※他の加入条件で異なります
公務員  : 月額12,000円
専業主婦 : 月額23,000円

【運用できる商品】
定期預金、投資信託、保険商品の中から運用先を選ぶことができ、配分等も加入者自身で選択
ただし、運営管理手数料がかかるので選ぶ際にはご注意を!

税制メリット

①所得控除(所得税及び住民税の軽減)
例えば…
月額23,000円を掛金とした場合。(年額276,000円)※個人型の場合の上限
課税所得が400万だった場合、節税金額としては所得税率20%、住民税率が一律10%なので、
276,000×30%=82,800円分の節税効果となる。

②運用益が非課税
通常、資産運用を行った場合、運用益に対して20.315%の課税が行われるが、iDeCoでは課税対象にならない。
ただし、運用のため投資リスクは生じるので適切な運用をしていくことが大切となる。

③受け取る際の税制優遇
60歳から年金形式で受け取る際は公的年金等控除が受けられる。また、一時金の際は退職所得控除が受けられる。

老後の生活に不安を感じている人は多いと思います。年金を受け取れるの?65歳から?年金だけで生活できるの?etc.
残念ですが、公的年金に頼るだけではなく、自分での備えも必要と思います。
そのため、選択肢も色々とあります。銀行、保険、証券、みなさんひとりひとりの考えに合わせて目的にあった商品や制度を活用して
ご自身の生活を守っていく必要があります。
そのお手伝いとなれば願うとともに、それがFPの存在意義だとも思っております。

トンチン年金とは

みなさんは”トンチン年金”って言葉を聞いたことがありますか!?
長生きしてもお金に困らないように、公的年金の上乗せとして年金保険に加入する方が増えています。

加入者が早く亡くなった場合、受け取る年金や払戻金は払った保険料を大きく下回るが、その分長生きした他の加入者への年金原資となる仕組みになっています。

長生きした加入者が恩恵を受けるが、早く亡くなってしまった加入者は元本割れとなってしまう。ただ自分がいつまでの生きるのかわからないので、損得勘定ではなく長生きするリスクが不安であるからそれを保障するために加入する方が増えているようです。

公的年金だけでは足りない

現在の日本人の平均寿命は、男性80.75歳、女性86.99歳です。
2050年には男性84歳、女性はなんと90歳まで伸びると予測されています。
”人生100年時代”が現実味を帯びてきて、生きているうちに貯蓄がなくなってしまうという”長生きリスク”への不安が高まっています。

日本に住んでいる20~60歳の方は国民年金の被保険者となります。

さらに会社員の方は厚生年金の被保険者となり、原則65歳より老齢年金を受給することができます。
それではどれくらいの年金を受け取れるのでしょうか!?

平成29年度の平均的な夫婦で月額22万ほどと言われています。この額だけでゆとりある老後の生活が送れるのでしょうか。
また今後確実にこの額を受け取れるわけではないのでご自身での老後の準備も必要なのではないでしょうか。

公的年金だけに頼るのではなく、早い段階から老後に向けてご自身でも準備が必要と感じています。
銀行に預入がいいのか、投資がいいのか、今回ご案内したトンチン年金がいいのか、これらを上手く活用して大切な資金を守り、殖やし、長生きするリスクに備えることをオススメします。

-資産運用

Copyright© 浜松市|保険の整理はお任せください , 2019 All Rights Reserved.